« ハーツクライ 国内最終追い切り | トップページ | いくらなんでもグラビアは無理… »

2006年7月16日 (日)

26時間テレビ 感想

今年のFNSはひどかった・・・個人的に面白かったのは、今夜も眠れないとヘキサゴン。もう少し頑張って欲しかったのはネプリーグ。ただし悪中居はワロタ。

それ以外の企画はぜんぜんだめ。ブスカワは見ない予定だったので論外。IQサプリは細木数子の暴走でインパルスはカワイソス。坪田P、お前の企画は最悪だ。人事異動しろ。過去最悪の平均視聴率になることを願う。

|

« ハーツクライ 国内最終追い切り | トップページ | いくらなんでもグラビアは無理… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104977/10969658

この記事へのトラックバック一覧です: 26時間テレビ 感想:

» FNS26時間テレビの感想 [Return of drawing]
今年の26時間テレビは「クイズ」だったが、20周年記念にしてはガッカリ感が残ってしまった。やはり、最近のタレント中心主義の流れは止まらないのか。 [続きを読む]

受信: 2006年7月16日 (日) 23時39分

« ハーツクライ 国内最終追い切り | トップページ | いくらなんでもグラビアは無理… »