« Internet Explorer7 正式バージョン公開 | トップページ | 後味悪い結果に »

2006年11月 7日 (火)

メルボルンカップで日本馬ワンツー

オーストラリアのG1レースの最高峰メルボルンカップで、2004年の菊花賞馬デルタブルースが勝利。2着にポップロックで日本馬がワンツーという歴史的快挙を達成。

今年は本当に海外のレースで日本馬が大活躍。3月のドバイシーマクラシックでハーツクライが勝利したのを皮切りに、5月のシンガポールでコスモバルク、7月にアメリカでダンスインザムードとアサヒライジング、イギリスのキングジョージでハーツクライが3着。凱旋門賞でディープインパクトが3着。そして今回のメルボルンカップのデルタブルース。

日本の馬は強くなったなぁと感じる。

|

« Internet Explorer7 正式バージョン公開 | トップページ | 後味悪い結果に »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104977/12591356

この記事へのトラックバック一覧です: メルボルンカップで日本馬ワンツー:

» デルタブルースがメルボルンC制覇!ポップロック2着で日本馬ワンツー [本間甲斐奈のサラブレッドの心]
歴史的快挙だ! 第146回メルボルンC(7日、オーストラリア・フレミントン競馬場、GI、3歳上、ハンデ、左回り・芝3200メートル)。 岩田康誠騎手が騎乗したデルタブルース(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)が快勝、2着にD・オリヴァー騎手が騎乗したポップロック(牡5、..... [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 17時22分

« Internet Explorer7 正式バージョン公開 | トップページ | 後味悪い結果に »