« アナログ放送終了の裏でエヴァンス総合優勝 | トップページ | DLC-HE10XF購入 »

2011年8月 3日 (水)

アンテナケーブルをスクリュータイプに

日曜日に日本アンテナ製のアンテナケーブル4T10RGSSが届いた。

今まで使っていたプッシュプラグ型のケーブル4FB10GSSを、レコーダーとテレビのLC-26DE7の間に移動させて、STBのTZ-DCH2800とレコーダーのBD-HDW53の間に4T10RGSSを接続。

レコーダーで一番レベルの低かったフジの受信レベルが72から74と微増。

テレビ側の受信レベルは、ほとんどの局で80越え。コミュニティチャンネルに至っては90を越えた。

プッシュ型からスクリュー型に切り替えただけで、大きな効果が生まれた。

電源ケーブル、I.linkケーブル、HDMIケーブルにアンテナケーブルと、テレビの裏側はノイズの発生しやすい状況なので、スクリュータイプのアンテナケーブルを使うことを勧める。

|

« アナログ放送終了の裏でエヴァンス総合優勝 | トップページ | DLC-HE10XF購入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104977/52380807

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナケーブルをスクリュータイプに:

« アナログ放送終了の裏でエヴァンス総合優勝 | トップページ | DLC-HE10XF購入 »