« LANケーブルに盲点 | トップページ | フェライトコアを使ってみた »

2014年9月26日 (金)

空いているアンテナ端子をふさぐ

I.Link経由でAT-X HDを録画しているDMR-BWT660。
しかし、録画した番組にドロップフレームが入ることがあり、対策を考えてみた。
HDW53からの流用で、BWT660のBS/CSの入出力端子にダミー抵抗を取り付けていたが、
テレビ(LC-26DE7)のBS/CS入力端子の方にもつけるため、ダミー抵抗を注文した。

放送大学のCN値がちょっと改善した。レコーダーはCN32~33。テレビはCN31~32。
末端のテレビ受信では、従来値は30だった。

自室には使われてないテレビコンセントがあるので、もう1個注文。
しかし、テレビコンセントはワンタッチ式しか対応してないため、L型変換プラグも注文した。

|

« LANケーブルに盲点 | トップページ | フェライトコアを使ってみた »

DMR-BWT660」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104977/60378992

この記事へのトラックバック一覧です: 空いているアンテナ端子をふさぐ:

« LANケーブルに盲点 | トップページ | フェライトコアを使ってみた »