BD-HDW53

2014年6月23日 (月)

レコーダー買い替え

HDD初期化後、しばらく様子見をしたBD-HDW53。
一時的に回復したが、やはりHDDに録画した番組にノイズが入り、
音声が途切れる症状が発生。

さすがにこのままでは、ツール・ド・フランスや夏の深夜アニメに影響が出るため、
新しいBDレコーダーをポチっとした。
後継機はDIGAのDMR-BWT660。
CATVユーザーの我が家では、I.LINKは必須。TZ-DCH2800というHDD付STBを利用してるため、
トリプルチューナーはいらないと判断し、ダブルチューナーを選択。
HDDの容量が、320GBから1TBと2倍に。
色々と遊べそうなので楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

レコーダーのHDD初期化

BD-HDW53のHDDに録画した番組の中に、不具合が出てきたため、HDD初期化を実行した。
地上波の番組で音声が途切れ、ブロックノイズまみれの状態になった。
受信状況が悪化した場合は、タイトルが分割されダビングできない状態になるが、
ダビングできる状態だった。
HDDの状態が悪いと判断し、溜めていた番組をブルーレイにダビング。

使用開始から3年8か月で、初めてのHDD初期化。
これで改善されない場合は、買い替えの判断が必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

クリーニングクロスが役に立った

所有していたT.M.revolutionのライブBlu-rayを見ようとしたら、ディスクが認識せず。

ほかの録画済みBDなどは読み込めていたので、ディスクの問題と判断。

試しに、TDKのBDクリーナーに付属しているクリーニングクロスを使用。
するとあっさり読み込みが完了した。

クリーニングクロスが意外に効果があるんだなぁと実感した瞬間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

ソフトウェア更新で挙動が変わった

先週BD-HDW53のソフトウェアが更新したので早速アップデート。
更新前と比べると、シーン編集時のコマ送り・コマ戻しの挙動が変わり、きびきび動くようになった。
3年前の商品とはいえ、未だに改善してくれるのはありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

ダミー抵抗でノイズ対策

Amazonのマーケットプレイスから注文したダミー抵抗が、日曜日に届いた。
購入したダミー抵抗をBD-HDW53とLC-26DE7のBS入力端子に付けてみた。
するとノイズが減って画質・音質が良くなった傾向が。

テレビのHDMI端子が上のほうにあり、HDMIケーブルにBS端子から外来ノイズを受けていたと考えてみると、
効果ありと見たほうがいいかもしれない。

またLC-26DE7の消費電力は59Wと省エネなものの、レコーダーやSTBと比べると大きいので付けてみる価値はある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

箱根関連番組を撮りまくる

HDW53のソフトウェアが11月29日に更新して以降、I.linkがらみの録画は安定している。

BS・CSの箱根駅伝の関連番組が多く放送しているので、録画する番組が多くなっている。

今後もG+で過去の大会を見ることが出来る「箱根駅伝名勝負」が放送されるので、ブルーレイに保存するのは決定済。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

録画失敗をリセットで回避させる

ケーブルテレビのI.link録画で、録画せずに取り消しになることが多くなった。

I.linkの認識が上手くいってなかったようで、以下のやり方で何とか戻した。

STB(TZ-DCH2800)側のI.linkケーブルを外す

STBとBD-HDW53のリセットボタンを押す。

STBのI.link接続設定からBD-HDW53を削除

(この作業の前に、予約を取り消しておかないと削除不可能)

I.linkケーブルを差し直す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

DLC-HE10XF購入

シャープのBDレコーダー、BD-HDW53の性能をより引き出すため、DLC-HE10XFを購入し火曜日届いた。

今まで使っていたDLC-HE10HFからHE10XFに交換、HE10HFはSTBの接続用に回した。

高音のキンキンした音が薄くなり、低音部も鮮明な音になった。

AT-Xで放送していた灼眼のシャナ1期のアイキャッチ部分が、一番音の変化を感じやすい所だった。

画質面ではより鮮明な色になった感じ。

ソニーのHDMIケーブルでは2番目にグレードの高い商品だが、べらぼうに高いDLC-9150ESに比べたら、4000円台でDLC-HE10XFが買えるのはコストパフォーマンスがいい。

BDレコーダー用に交換する価値はある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

いきなり大荒れ ツール 第1ステージ

中盤まではまったりムードだったツール・ド・フランス 第1ステージだが、残り9.4キロの大落車から様変わりして総合が大きく動く予想外な展開。

ステージはジルベールが貫録の勝利。エヴァンスやクレーデンは最小限に。アンディ・シュレクは後続グループだったものの、2回目の落車に巻き来まれた人たちは

3キロ以内の救済措置が入ったのでエヴァンスたちと同じタイム差。ダブルサンチェスとコンタドールだけが遅れており、今年のツールは一気に面白くなった。

第1ステージは6時間18分と長時間の放送だったので、BD-REに3倍モードで圧縮して画質を確認してみると、元々がハイビジョン放送でも高画質な部類だったので、3倍に圧縮しても耐えられる画質だった。

手元のBD-REは残り19枚だがアニメなども録るので枚数が足りない。急きょアマゾンでBD-R DLを5枚購入。

今年のツールはハイビジョンで保存してることもあり、かなり楽しめそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月30日 (木)

BDレコーダーのアップデートでCATV録画の不具合が解消

BD-HDW53のアップデートがネットワーク経由で先行公開された。

早速B51106140にアップデートしていろいろ試す。

チャンネル再編情報を取得する際はクイック起動が一時的に無効されることを確認。

CATV録画する際は支障が起きるので、チャンネル再編設定を無効に。

CATV受信のJ sports PlusでThe Greatestを試し撮りしたところ、タイムコードが短くなる現象が解消された。

これは自分にとって大きな改善だった。

これでツール・ド・フランスをハイビジョン画質で録画することが可能に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)