アニメ・コミック

2014年6月26日 (木)

DIGAでビットレート計算

DMR-BWT660を購入したことにより、録画した番組の平均ビットレート計算が容易になった。
x60系のDIGAの場合、スタートから「残す」を選び、詳細ダビングに行くと容量表示ができる。

計算方式は以下のとおりである。

表示された容量×1024×1024×8÷録画時間(秒単位)=ビットレート

最初の1024はメガバイトからキロバイトに、2つ目の1024はキロバイトからバイト表示にする。
8にかけるのは1バイト=8ビットに変換するためである。

MXで放送されたノーゲーム・ノーライフの最終話は、平均9.18Mbpsでマルチ化の影響は大きい。
今月から使えるようになったAT-X HDは、エスカ&ロジーのアトリエで計算すると、
平均13.56Mbpsであった。

それ以外の番組でいうと、テレビ東京の弱虫ペダルは平均14.11Mbpsと限界ギリギリのラインで放送してたことがわかる。
MXの低ビットレートより、AT-Xで保存しようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

2012年1月期のアニメ

今期のアニメはコメディ系が多いので先が楽しみな作品が多い。

リア充爆発しろ!的な作品も多いがw

現在視聴中のアニメを一言感想付きで。

「パパのいうことを聞きなさい」

三姉妹も気になるが、織田莱香のおっぱいがやっぱり気になる。

「ハイスクールD×D」

tvk分も録ってるがAT-Xで解除版も同時録画中のアニメ。

エロを抜きにしてもバトルもギャグもいいので今期では個人的に1番。

「あの夏で待ってる」

これもラブコメ。ベタな展開だけどその分安心できるアニメ。

「キルミーベイベー」

ギャグ系ゆるゆるアニメ。男キャラはいないものの、自分の中では見れる方なのが驚き。

「アマガミSS+Plus」

変態紳士本領発揮。CSで1期の放送を見てたので登場人物などは把握してるが、

橘さんの変態度が高すぎるw

「妖狐×僕SS」

女性向けの作品だがキャラクターの個性が強すぎて逆に面白い。

「モーレツ宇宙海賊」

宇宙もので恋愛皆無のアニメだが、のめり込みやすくてあっという間に時間が過ぎてゆく。

「BRAVE10」

これも女性向けだが、伊佐那海がかわいいので視聴中。

「偽物語」

化物語は未視聴なのでよくわからんが、突っ込み所が多いので何となく面白い。

「ゼロの使い魔F」

AT-Xで1期~3期視聴してたので登場人物は織り込み済み。

王道ラブコメでよろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

今期のアニメ

10月期のアニメが出揃ったが、自分的に当たりと感じたものは、「灼眼のシャナ Final」

「マケン姫」「僕は友達が少ない」「ベン・トー」「未来日記」「ましろ色のシンフォニー」

「シーキューブ」くらいか。

CSのTBSチャンネルで放送していた「アマガミSS」を無事に完走。

1月から第2期を放送予定とのことなので、ちょうどいい予習となった。

しかし、土曜のtvkアニメマラソンという物を体験したが、進めば進むほど覚えきれないなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)