パソコン・インターネット

2016年9月16日 (金)

120Mbpsにアップ

7月にネットサービスの速度が、120Mbpsに増速された。
増速の際モデムの交換が必要だったが、自分で同軸ケーブルを外せるタイプだったので自分で交換。
元々、レコーダー用に購入したルーターがギガビット対応のWG600HPだったので、これで性能を生かすことができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

フェライトコアが足りない

I.Link経由の録画に、横長のノイズが出ることから発端したフェライトコア作戦だが、
20個購入しても足りない状況である。
Amazonで売られている7mmタイプと9mmタイプを、それぞれ1セット購入。
意外とつける場所が多いことが判明。

電源系だと以下の場所に取付。

テレビ(LC-26DE7)
レコーダー(DMR-BWT660)
PC
ルーター(PA-WG600HP)
無線LANコンバーター(MZK-MF300N)
電子レンジ
電気ポット
炊飯器
電話機
電話用ケーブルモデム
PC用ケーブルモデム
電源タップ 5本

これだけで、すでに16個も使用。そこから以下の場所も取付。
PC~ルーター間のLANケーブル
ルーター~モデム間のLANケーブル
テレビ~コンバーター間のLANケーブル
I.Linkケーブル

これらの場所にフェライトコアを取り付けることで、ラジオの受信改善や、
無線LANの通信改善が確認できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

LANケーブルに盲点

2階に設置している自室のテレビとレコーダーは、ネットワーク対応のためLANケーブルを繋いで、
イーサネットコンバータを利用している。
接続状況は以下の通り

コンバータ(MZK-MF300N)

ハブ(LSW3-TX-5EP) ― レコーダー(DMR-BWT660)

テレビ(LC-26DE7)

レコーダー側にハブに付属していたLANケーブルを繋いでいたら、
I.Link経由の録画にノイズが入っていた。
レコーダーとハブの間を、エレコムのスタンダードLANケーブルにした所、
正常に録画したことを確認。

レコーダーのLAN端子とI.Link端子が隣接しているため、粗末なLANケーブルだとノイズが入ることがあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

ルーターを買い替え

今まで使っていた無線LANルーターWR8150Nでは、レコーダーからの映像配信が途切れやすいため、
WG600HPを導入した。
これにより5GHz帯も利用可能になるため、PCからDIGAの録画番組視聴が快適になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

DMR-BWT660到着

注文から2日後に到着したDMR-BWT660。
アンテナケーブルの芯が曲がってて受信不可になるというトラブルがあったものの、
無事に設置完了。
I.LINKでTZ-DCH2800からのダビングも確認し、一通りのテストが終了。

思わぬ効果があったのは、所有PCにプリインストールされているVAIO Media Plusで、
BWT660のチューナーから放送視聴できるのは驚いた。
HDW53使用時は、I.LINKを使っている時は他の作業が出来なかったので、
BWT660にして同時操作の制限がなくなったのは大きい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

外付けHDDが逝ってしまった

250GBの外付けHDDが逝ってしまった。
稼働期間は6年弱くらいか。デバイスドライバすら読み込めないほどの重傷。
ほとんどのファイルは動画なんで、あまり傷つかないB型の俺。
新しいHDDを用意するが2TBが、6年前の250GBと同等の価格で買えるとはすごい時代だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

外付けHDDを修復

何気なくマイコンピュータフォルダを開いたら、外付けHDDの1台がアクセス不能になっていた。
マスター・ブート・レコード(MBR)がいつの間にか破損してたことが判明。
コマンドプロンプトからチェックディスクを行ったが、その際オプションコマンドで/Rを加える。
こうすることで不良セクタを見つけると修復してくれる。
無事にMBRが修復され、ファイルを見ることが出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

ホームネットワーク構築

アマゾンで注文した物が届いたのでホームネットワーク(DLNA)を構築した。

構成図は以下の通り

ノートPC VGN-NS51B/W

無線ルーター(親機) WR8150N

イーサネットコンバータ FFP-PKR01

スイッチングハブ LSW3-TX-5EP/CW

液晶テレビ LC-26DE7

BDレコーダー BD-HDW53

これで、テレビとレコーダーがネットワークに加わった。

PCの付属ソフトにある「VAIO Media Plus」でPCからBD-HDW53に録画した番組を再生してみたところ、

標準画質のものはスムーズに行けるが、ハイビジョン番組は通信速度が低いのか音飛びが発生している。

親機を交換するべきか検討中。

追記:ノートンの設定を見直したらハイビジョン番組もスムーズになった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

メモリ増設

アマゾンで注文したメインメモリが到着したので交換。

これで2GBから4GBに。

使用しているVGN-NS51BはGM45によるチップセット内蔵グラフィックで

メインメモリの一部をビデオメモリとして使っているため増設の効果は大きい。

ハイビジョンの動画編集やブルーレイの再生も引っかかりがなくなり、

快適になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

DVD-RW 完全フォーマット

DVD-RWをPCにごにょごにょしようとしたところ、2枚CRCエラーで出来ないものがあったので

CD-DVD Speedで調べた。(ノートPC内蔵がAD-7590Sなので計測可能だった)

1枚はPIEが最大771を記録、もう1枚はPIFが最大88とやばい数字。

この2枚はEasy Media Creatorを使って完全消去を実行。

こうすることでまっさらな状態になるのでDVD-RWは再利用できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧